第36回介護福祉士国家試験の予想合格点と自己採点アンケート結果を大公開!

資格取得
2024/01/31

第36回介護福祉士国家試験が終わり、自己採点した方も多いのではないでしょうか?
合格点が何点くらいになるのか知りたい方もいるでしょう。

今回はケアきょうが独自に集計した受験者の自己採点結果とともに、第36回介護福祉士国家試験の予想合格点も紹介します。

第36回介護福祉士国家試験を受験した方は全員必読の内容です。
ぜひご自分の自己採点結果と照らし合わせながらご覧ください。

第36回介護福祉士国家試験の自己採点アンケート結果

今回行ったアンケートの概要は以下のとおりです。

  • 調査期間:2024年1月28日~1月30日
  • 調査方法:ケアきょうを通じて募集
  • 対象者:第36回介護福祉士国家試験の受験者862名

それでは、さっそくアンケート結果を見ていきましょう。

自己採点の結果は何点でしたか?

ケアきょうのアンケートに回答してくださった、受験者の方々の自己採点結果は以下のとおりです。

自己採点結果 割合
111〜125点 3.4%
101〜110点 22.6%
91〜100点 37.8%
81〜99点 20.9%
71〜80点 10.0%
61〜70点 3.6%
51〜60点 1.3%
50点以下 0.5%

およそ8割以上の方が80点以上という結果になっており、過去の合格点の平均をクリアしていることがわかります。

70点代後半の方は、例年どおりの合格点の場合はボーダーラインになるため、発表まで不安な日々が続くと思いますが、焦らずに結果を待ちましょう。

例年に比べて問題は難しかったですか?

過去の介護福祉士国家試験と比べて、今回の試験問題はどうだったのでしょうか?

アンケート結果から、多くの受験者の方が「難しかった」と感じているようです。

第35回介護福祉士国家試験の合格率が過去最高の84.3%だったこともあり、昨年と比べると難しく感じる内容だったのかもしれませんね。

第36回介護福祉士国家試験の予想合格点

では今年の介護福祉士国家試験の合格点は、何点くらいになるでしょうか?

ケアきょうの独自調査とアンケート結果を参考にすると、およそ76〜77点くらいになるのではないないかと予想しています。

過去5年の合格点を見ても、75〜78点を推移しているため、今年も大きく変わることはないでしょう。

ただし介護福祉士合格のためには、以下2つの条件を満たす必要があるので、事前に確認しておくことが大切です。

  • 問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した合格点をクリアした者
  • 合格点を満たした者のうち、試験科目11科目群すべてにおいて得点があった者

参考:介護福祉士国家試験合格基準|公益財団法人社会福祉振興・試験センター

また正式な合格点は、令和6年3月25日(月)14時からの合格発表まではわからないため、予想合格点に見たない場合やボーダーライン上の方も、諦めずに結果を待ちましょう。

過去の介護福祉士国家試験の合格点や合格率

過去の介護福祉士国家試験の合格点や合格率なども一覧で表にまとめたので、見ていきましょう。

実施年 合格点 受験者数 合格者数 合格率
2014年(第26回) 68点 154,390人 99,689人 64.6%
2015年(第27回) 68点 153,808人 93,760人 61.0%
2016年(第28回) 71点 152,573人 88,300人 57.9%
2017年(第29回) 75点 76,323人 55,031人 72.1%
2018年(第30回) 77点 92,654人 65,574人 70.8%
2019年(第31回) 72点 94,610人 69,736人 73.7%
2020年(第32回) 77点 84,032人 58,745人 69.9%
2021年(第33回) 75点 84,483人 59,975人 71.0%
2022年(第34回) 78点 83,082人 60,099人 72.3%
2023年(第35回) 75点 79,151人 66,711人 84.3%

参考:参考:介護福祉士国家試験の受験者・合格者の推移|厚生労働省

平均すると75点前後が多くなっています。
80点以上を取れば、合格する確率は大きく上がるでしょう。

ただし今回発表した予想合格点や過去の合格点の平均より低い場合でも、合格する可能性は十分あります。

あとは結果を待つだけなので、まずは長期間の受験勉強で疲れた体を癒してあげましょう。

第36回介護福祉士国家試験に合格した後にすること

介護福祉士は国家試験に合格しただけでは資格を取得できません。
合格後に登録申請をすることで、はじめて資格証を受け取れます。

ケアきょうでは、介護福祉士国家試験の合格後に行うことのチェックリストを公開しています。

公開時期は昨年ですが、行うことは毎年変わらないため、今回合格した際はぜひ参考にしてください。

▼関連動画

まとめ

介護福祉士国家試験の自己採点や予想合格点はあくまで参考程度のもので、正式なデータではありません。

そのため、自己採点をして一喜一憂せず、まずは長い受験勉強をがんばった自分自身を癒して体を休めてあげましょう。

なお自己採点が済んでいない方や、今回の問題の解説が見たい方は、以下のケアきょう記事から無料で解答&解説をご覧いただけます。ぜひご活用ください。

▼関連記事

【解答速報】2024年 第36回介護福祉士国家試験

おすすめ役立ち情報

役立ち情報一覧に戻る

ピックアップ