【問114~116 | 解説速報】第32回 介護福祉士国家試験

  • # 試験

総合問題1

次の事例を読んで、問題114から問題116までについて答えなさい。

Lさん(78歳、女性)は1人暮らしをしている。「もったいない」が口癖で、物を大切にし食べ物を残さないようにして生活している。
半年前、脳の細い血管が詰まっていることがわかり、入院して治療を受けた。左半身にしびれがあり、右ひざの変形性関節症で痛みもあったために、介護保険の申請をしたところ、要介護1になった。
家事はできるだけ自分でしたいという希望から、週に2回、訪問介護を利用して、掃除と調理を訪問介護員と一緒にしている。

“ご感想アンケートキャンペーン“

問114【解説】

問題文

Lさんが入院するきっかけになった脳の疾患として、適切なものを1つ選びなさい。

  1. ラクナ梗塞
  2. くも膜下出血
  3. 慢性硬膜下血腫
  4. 正常圧水頭症
  5. 高次脳機能障害

解答&解説

答:① ラクナ梗塞


  1. 細い血管が詰まってしまうことで起こる。
  2. ×
    くも膜下への出血で起こる。
  3. ×
    激しく頭をぶつけた場合に発症しやすい。
  4. ×
    小刻みな歩行や物忘れ、尿失禁などの症状が出やすい。
  5. ×
    病気や事故によって発症しやすい。
“LINEで気軽に転職相談!“

問115【解説】

問題文

ある日、Lさんと一緒に調理していた訪問介護員は、賞味期限が2日前に切れた缶詰をみつけた。Lさんに対して訪問介護員がとる行動として、最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 黙って処分する
  2. 食べてはいけないと伝える。
  3. 食べやすいように、缶のふたを開けておく。
  4. 食べ方を相談する。
  5. 保存容器に残して保管するように勧める。

解答&解説

答:④ 食べ方を相談する。

  1. ×
    利用者を尊重する対応をするべきである。
  2. ×
    理由を伝えるべきである。
  3. ×
    食べることをまずは相談する。

  4. 適している。
  5. ×
    適していない対応である。
“ご感想アンケートキャンペーン“

問116【解説】

問題文

介護保険の申請をしてから半年がたち、更新申請の時期になった。
この半年でLさんは、訪問介護員が来ない日もいすに座って調理するなど回復してきている。更新申請の結果、Lさんは要支援1になった。
次のうち、Lさんの介護予防サービス、支援計画書を作成する者として適切なものを1つ選びなさい。

  1. 訪問介護事業所の訪問介護員
  2. 生活支援体制整備事業の生活支援コーディネーター
  3. 地域包括支援センターの主任介護支援専門員
  4. 訪問介護事業所のサービス提供責任者
  5. 生活介護のサービス管理責任者

解答&解説

答:③ 地域包括支援センターの主任介護支援専門員

  1. ×
    適していない。
  2. ×
    適していない。

  3. 適している。
  4. ×
    適していない。
  5. ×
    適していない。
“LINEで気軽に転職相談!“

他の解答&解説を見る

\記事が役に立ったらシェアお願いします/