【問17~26 | 解説速報】第32回介護福祉士国家試験

  • # 試験

問17【解説】

問題文

Fさん(72歳、女性、要介護2)は、中等度の認知症(dementia)があり、自宅で夫と生活している。ある日、訪問介護員(ホームヘルパー)が訪問すると、夫が散乱したコーヒー豆を片づけていた。Fさんは、「わからなくなっちゃった」と言っていた。訪問介護員(ホームヘルパー)が夫に事情を聞くと、「今も日課でコーヒーを豆から挽いて入れてくれるんだが、最近は失敗することが多くなって、失敗すると自信を失うしね。でも、毎朝、『コーヒーを入れなくちゃ』と言うんだ」と寂しそうに話した。
訪問介護員(ホームヘルパー)の夫への助言として、最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 「そばにいて、Fさんと一緒にコーヒーを入れてはどうですか」
  2. 「Fさんと一緒に、喫茶店にコーヒーを飲みに行ってはどうですか」
  3. 「おいしいコーヒーを買ってきて二人で飲んではどうですか」
  4. 「私がFさんからコーヒーの入れ方を教えてもらいましょうか」
  5. 「新しいコーヒーメーカーを買ってはどうですか」

解答&解説

答:① 「そばにいて、Fさんと一緒にコーヒーを入れてはどうですか」


  1. 利用者の日課を尊重することはQOL実践のためにも重要なことなので、本人のやりたいことを工夫して続けられるような声掛けをしているので正解。
  2. ×
  3. ×
  4. ×
  5. ×
これらの選択肢はコーヒーを2人で飲むことだけに注目している。利用者の夫に毎朝挽きたてのコーヒーを入れたいという本人の気持ちや習慣を否定しているので不正解。
“ご感想アンケートキャンペーン“

問18【解説】

問題文

Gさん(80歳、女性、要介護3)は、脳卒中(stroke)の後遺症により、左片麻痺があり、からだを思うようにコントロールができず、ふらつきが見られる。以前は、2週間に一度は美容院で長い髪をセットしてもらい、俳句教室に行くのを楽しみにしていた。病気にになってからは落ち込むことが増え、介護が必要になったため、介護老人福祉施設に入所した。
ノーマライゼーション(normalization)の考え方を踏まえた、Gさんの生活支援として、最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 洗髪しやすいように、長い髪のカットを勧める。
  2. 共同生活のため、夕食は施設の時間に合わせてもらう。
  3. 落ち込んでいるため、居室での生活を中心に過ごしでもらう。
  4. おしゃれをして、施設の俳句クラブに参加するように勧める。
  5. 転倒予防のため、車いすを使用してもらう。

解答&解説

答:④ おしゃれをして、施設の俳句クラブに参加するように勧める。

  1. ×
    長年続けてきた習慣や、本人の楽しみだったことを尊重している提案なので正解。
  2. ×
  3. ×
  4. ×
どれも本人の生活習慣やヘアスタイルの好み等を無視しているので不正解。また、3に関しては閉じこもりがちになると生活不活発病のリスクもあがる。
“LINEで気軽に転職相談!“

問19【解説】

問題文

ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health:国際生活機能分類)の視点に基づく環境因子と心身機能の関連を表す記述として、最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 電気スタンドをつけて、読書を楽しむ。
  2. 車いすを使用して、美術館に行く。
  3. 聴力が低下すると、コミュニケーションがうまくとれない。
  4. ストレスが溜まると、活力が低下する。
  5. 床面の性状が柔らかいと、バランスを崩す。

解答&解説

答:⑤ 床面の性状が柔らかいと、バランスを崩す。

  1. ×
  2. ×
  3. ×
  4. ×
ICFはそれぞれの要素が相互作用するという概念なので、順序を逆にしても成り立つ選択肢が正解になります。選択肢の中でそれが成り立つのは5だけです。
“ご感想アンケートキャンペーン“

問20【解説】

問題文

Hさん(80歳、女性、要介護1)は、アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)である。20年前に夫が亡くなった後は、ずっと一人暮らしをしている。これまでの生活を続けていきたいので、訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用することにした。
訪問介護員(ホームヘルパー)のHさんへの対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. Hさんの意向を確認して、今までどおり畳で布団の使用を継続した。
  2. 入浴後、手拭いでからだを拭いていたが、バスタオルに変更した。
  3. 訪問介護員(ホームヘルパー)の判断で、食事の前にエプロンをつけた。
  4. 整理整頓のために、壁に立てかけてあった掃除機を押し入れに片づけた。
  5. Hさんの気持ちを切り替えるために、家具の配置を換えた。

解答&解説

答:① Hさんの意向を確認して、今までどおり畳で布団の使用を継続した。

  1. ×
  2. ×
  3. ×
  4. ×
この選択肢の中で、利用者本人の意見(利用者主体)の介護を行っている選択肢は正解の1だけで、あとは訪問介護員(ホームヘルパー)の意見や意思が主体になってしまっているので不正解。
“LINEで気軽に転職相談!“

問21【解説】

問題文

「平成30年版高齢社会白書」(内閣府)で示された65歳以上の者の家庭内事故の発生割合が最も高い場所(屋内)として、正しいものを1つ選びなさい。

  1. 階段
  2. 台所・食堂
  3. 風呂場
  4. トイレ
  5. 居室

解答&解説

答:⑤ 居室

  1. ×
  2. ×
  3. ×
  4. ×
「平成30年版高齢社会白書」では家庭内事故の発生割合が高い場所は、順に居室、台所・食堂、階段、風呂場、玄関、洗面所、トイレとなっている。
“ご感想アンケートキャンペーン“

問22【解説】

問題文

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)での介護に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. テレビのニュースを見て、新しい出来事を覚えてもらう。
  2. 利用者それぞれの要求には応えられないので、同じ日課で過ごしてもらう。
  3. 利用者の現在よりも過去の身体的・精神的状態の把握が優先される。
  4. 利用者の、なじみのある人や店との関係は継続していく。
  5. 環境に慣れるまでは、車いすでの移動を勧める。

解答&解説

答:④ 利用者の、なじみのある人や店との関係は継続していく。

  1. ×
    認知症では、新しいことが覚えにくくなる症状もあるため不正解。
  2. ×
    QOLを実践するためには個人を尊重することが大切なので不正解。
  3. ×
    過去の情報も大切だが、現在の状態の把握ができていないと適切な介護はできないので不正解。

  4. 地域包括ケアシステムの柱でもある「住み慣れた地域で、その人らしい生活」を実践するためには大切なことなので正解。
  5. ×
    車いすが必要な身体的な事情がないのに、歩行を制限するようなことがあってはならないので不正解。
“LINEで気軽に転職相談!“

問23【解説】

問題文

訪問介護事業所のサービス提供責任者の役割に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 利用者の生活課題に沿って、サービス計画書を作成する。
  2. 具体的な援助目標及び援助内容を記載した訪問介護計画書を作成する。
  3. 利用者の要望に応じて、他の事業所との利用調整を行う。
  4. 判断能力が十分でない人に対して、日常的な金銭管理を行う。
  5. 居宅サービス事業者を招集して、サービス担当者会議を開催する。

解答&解説

答:② 具体的な援助目標及び援助内容を記載した訪問介護計画書を作成する。

  1. ×
    サービス計画書を作成するのはケアマネージャーなので不正解。

  2. サービス計画書を元に利用者や家族、ケアマネージャーとの話し合いを元に訪問介護計画書を作成していくので正解。
  3. ×
    他の事業所との利用調整はケアマネージャーが行うので不正解。
  4. ×
    金銭管理を行うのはトラブルの元になる。サービス提供責任者には金銭管理を代理で行う権限はないので不正解。
  5. ×
    サービス担当者会議の開催はケアマネージャーが主体となって行われるので不正解。
“ご感想アンケートキャンペーン“

問24【解説】

問題文

介護の実践における多職種連携に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 医師が多職種連携の中心となる介護実践のことである。
  2. 民生委員やボランティアは、多職種連携のチームから除かれる。
  3. 医療と介護の連携とは、利用者の体調不良時に医療機関を受診させることを指す。
  4. 要介護度の改善を優先して、多職種連携によるケアプランを作成する。
  5. 利用者のケアの方向性に関する情報を共有して、課題の解決に取り組む。

解答&解説

答:⑤ 利用者のケアの方向性に関する情報を共有して、課題の解決に取り組む。

  1. ×
    介護においての多職種連携の中心は、地域住民(利用者と家族)なので不正解。
  2. ×
    地域包括ケアシステムでは地域の民生委員やボランティアもチームの一員とされているので不正解。
  3. ×
    体調不良時に限定されていないので不正解。
  4. ×
    要介護度の改善も大切だが、一番に優先されるのは「住み慣れた地域でその人らしく生きていくこと」を念頭においたケアプランの作成なので不正解。

  5. 利用者の要望や生活に基づいたケアの情報を共有をすることにより、多職種連携を実践していくことが大切なので正解。
“LINEで気軽に転職相談!“

問25【解説】

問題文

介護福祉職の倫理に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 介護の技術が伴わなくても、利用者の要望を最優先に実施した。
  2. 利用者が求めた医行為は、実践が可能である。
  3. 個人情報の取り扱いについて、利用者に説明して同意を得た。
  4. 暴力をふるう利用者を自室から出られないようにした。
  5. 業務が忙しかったので、施設の廊下で職員同士の打ち合わせを行った。

解答&解説

答:③ 個人情報の取り扱いについて、利用者に説明して同意を得た。

  1. ×
    介護技術はプロの介護員として欠かすことができないので不正解。
  2. ×
    介護職員の医行為は法律に違反するので不正解。

  3. 個人情報の取り扱いについては、本人への説明と同意が義務付けられているので正解。
  4. ×
    「高齢者虐待防止法」「障害者虐待防止法」ともに閉じ込めることは虐待に該当するので不正解。
  5. ×
    利用者に打合せの内容が聞こえてしまうかもしれない等の可能性が考えられるため不正解。
“ご感想アンケートキャンペーン“

問26【解説】

問題文

高齢者介護施設で、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の保菌者が確認されたときの対応に関する次の記述のうち。最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 入居者全員の保菌の有無を調べる。
  2. 接触感染予防策を実施する。
  3. 保菌者のレクリエーションへの参加を制限する。
  4. 保菌者は最初に入浴する。
  5. 通常用いられる消毒液は無効である。

解答&解説

答:② 接触感染予防策を実施する。

  1. ×
    MRSAの保菌者は感染者と違って治療の必要がないため、入居者全員の保菌の有無を調べる必要はない。

  2. MRSAは接触感染する疾患であるため、感染を防ぐためには日頃から手洗いや消毒などを行うことが大切である。
  3. ×
    MRSAの保菌者は健常者と同じように日常生活を送ることができる。
  4. ×
    通常では入浴で感染する可能性はなく、特別な配慮の必要はない。
  5. ×
    抗生物質は効きにくいが、アルコール液などの消毒液は有効である。
“LINEで気軽に転職相談!“

他の解答&解説を見る

\記事が役に立ったらシェアお願いします/