【問1~4 | 解説速報】第32回介護福祉士国家試験

  • # 試験

問1【解説】

問題文

Aさん(78歳、女性、要介護3)は、訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用している。72歳から人工透析を受けている。透析を始めた頃から死を意識するようになり、延命治療を選択する意思決定の計画書を作成していた。しかし、最近では、最期の時を自宅で静かに過ごしたいと思い、以前の計画のままでよいか気持ちに迷いが出てきたので、訪問介護(ホームヘルプサービス)のサービス提供責任者に相談した。
サービス提供責任者の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 「この計画書は、医療職が作成するものですよ」
  2. 「一度作成した計画書は、個人の意向で変更するのは難しいですよ」
  3. 「意思確認のための話し合いは、何度でもできますよ」
  4. 「そんなに心配なら、特別養護老人ホームに入所できますよ」
  5. 「この計画書は、在宅ではなく病院での治療を想定したものですよ」

解答&解説

答:③ 「意思確認のための話し合いは、何度でもできますよ」

  1. ×
    計画書は利用者様やご家族の意向、生活環境や病歴などを考慮して事業所が作成するものなので医療職が作成するものではないので不正解。
  2. ×
    その人らしい生活を送っていけるように支援することが介護の柱です。利用者様自身の意思や気持ちが変化したことを無視し、計画書を変更しようとしていないので不正解。

  3. このように利用者様本人の意思を尊重し、計画書に反映させていく姿勢を取っているので正解。
  4. ×
    利用者様本人の「最期の時を自宅で静かに過ごしたい」という意思に反する提案なので不正解。
  5. ×
    計画書に利用者様を合わせようとするのではなく、本人の意思に基づいた変更や更新が必要しなければならないので不正解。
“ご感想アンケートキャンペーン“

問2【解説】

問題文

利用者の意思を代弁することを表す用語として、最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. インフォームドコンセント(informed consent)
  2. ストレングス(strength)
  3. パターナリズム(paternalism)
  4. エンパワメント(empowerment)
  5. アドボカシー(advocacy)

解答&解説

答:⑤ アドボカシー(advocacy)

  1. ×
    利用者と介護者などの間で十分な情報を得たうえで合意を得ること。
  2. ×
    利用者の持つ潜在能力や知識など、長所や強み。
  3. ×
    介護者が利用者の利益になるように、と本人の意思に介入したり干渉したりすること。
  4. ×
    利用者が生活や環境を自身でコントロールしていける力をつけるということや、利用者の潜在能力を引き出すような働きかけをすること。

  5. 何らかの事情で利用者が自分の意思や権利を主張することが難しい時に、自己決定の手助けをしたり、権利を擁護したりする活動のこと。
“LINEで気軽に転職相談!“

問3【解説】

問題文

他者とのコミュニケーションを通した自己覚知として、最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 自己の弱みより強みを重視する。
  2. 自己の感情の動きとその背景を洞察する。
  3. 自己の行動を主観的に分析する。
  4. 自己の私生活を打ち明ける。
  5. 自己の価値観を他者に合わせる。

解答&解説

答:② 自己の感情の動きとその背景を洞察する。

  1. ×
    自分の強みを知ることは大切ですが、弱い部分にも目を向ける必要があるので不正解。

  2. 自己確知で最も重要なことで、自分の感情がどこからきているのか?なぜそういう感情になったのか?を分析しなければならないので正解。
  3. ×
    自己を振り返る時には客観的な視点が必要になるので不正解。
  4. ×
    他者に私生活を打ち明けるこは必要ではないので不正解。
  5. ×
    全て他者に合わせるのではなく、相手の価値観を受け入れることが必要なので不正解。
“ご感想アンケートキャンペーン“

問4【解説】

問題文

高齢者とのコミュニケーションにおける配慮として、最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 相手と視線が合わせられる位置で話す。
  2. 相手には座ってもらい、自分は立ったまま話す。
  3. 初対面のときから相手と密着した距離で話す。
  4. 相手の表情があまり見えない薄暗い場所で話す。
  5. たくさんの人がいる、にぎやかな場所で話す。

解答&解説

答:① 相手と視線が合わせられる位置で話す。


  1. 認知症ケアに重要なユマニチュードの基本技術です。目線を合わせることにより、対等な立場であるということや、誠実さが相手に伝わるようにします。
  2. ×
    目線が合いづらく、相手の頭上から話しかけてしまうと利用者は威圧感を感じます。また、声も聞き取りにくくなってしまうので不正解。
  3. ×
    初対面の時には利用者も警戒したり、緊張したりしています。相手のパーソナルスペースに強引に立ち入ってしまうと、警戒心は強まってしまうので不正解。
  4. ×
    お互いの表情が見えない状態で話すと、利用者は不安を感じやすくなるので不正解。
  5. ×
    利用者の中には「老人性難聴」などの症状により、耳の聞こえにくい方もおられます。にぎやかな場所で、他の音が邪魔をしてしまい、声が聞き取りにくくなってしまうので不正解。
“LINEで気軽に転職相談!“

他の解答&解説を見る

\記事が役に立ったらシェアお願いします/